ニボニボ、うまっ!、博多新風つけ麺まつり2010@「凪」で、つけ麺!!

昨日というか、日付変わったので一昨日の事になりますが、月曜日から「博多新風」で始まった、『博多新風つけ麺まつり2010』、せーじさんを初めとして、いろんな方のブログで紹介されていたりして、気にはなっていたのですが、いまひとつ私の食指が動かないつけ麺だし、仕事的には忙しいしで、諦めていたのですが、この日の夜だけは、チャンスがある感じだったんですよね~。
画像

(せーじさん、勝手にすみません、画像拝借しました(^^; )

しかし、調べてみたら、この日のお店は「凪」、その翌日からラースタ2に出店するお店なので、やっぱりわざわざ行かなくて良いかな~、雨も降ってるし、という事で、やっぱりや~めた、って思ってたんですよね。

で、仕事しながら、息抜きに、TAKAさんのブログを見たら、なんと、この日のお昼に行かれたレポが!

記事見てたら、やっぱり1回は食っとくかな~、という気になって、外を見ると雨もやんでいる、って事で、原チャリでひとっ走り、行ってきました!

時刻は8時半過ぎでしたが、到着すると、つけ麺まつりの会場の「博多新風」の外には行列なし、ラッキー!、でも、ひょっとして、既に売切れだったらどうしよう、と思って近づくと、ちゃんと「営業中」の札が下がっていました、ホッ(安堵)

店内に入ると、待ち客もなく、半分ぐらいの入りですかね~、ちょうどタイミングが良かったみたいですね、日頃の行いが良いからかな(笑) ←こらこら!

つけ麺まつり期間中は、日替りで、東京の居並ぶ名店の店主自ら、「博多新風」の厨房に立つという事で、凄いイベントですよね、実現させた「博多新風」のイケメン店主・高田さんには感謝という感じです!
(ちょうど私が行った時には不在のようでしたが)

という事で、この期間中は、その日のお店のつけ麺(850円)オンリー、カウンターに座って、ひたすら待ちます。

こちらの「凪」は、ポスターに「煮干」の文字がある通り、ガッツリ煮干が効いたラーメンやつけ麺を食べさせるお店のようで、煮干系のつけ麺(ラーメン)は私はほぼ初めての経験、先入観的には、ラーメンに煮干ってどうなんだ?、と思ってたりしますが、さぁ、どうなる事でしょう!

既に、店内には、豚骨、ではなく、煮干の香りが漂いまくっている感じです。

10分少々待って、麺が上がったようですね、まずは、つけ汁が目の前にやってきました!
画像


ニボニボ~、美味しそうな煮干の香りがしますね、美味そうです。
中には角切りチャーシューに、背脂、ネギに玉ねぎも入ってる感じです。

続いて、300gというつけ麺の麺がやってきました!
画像


ちぢれた極太麺、太さは、うどんそのものという感じ、黄色っぽくなかったら、うどんにしか見えないかも(笑)
その上に、ワンタンの皮っぽい、「いったんもめん」が乗っかってます。
上からネギがかかって、大きめの海苔も1枚。

極太麺をつけ汁にくぐらせて、啜ってみます。
その前に、つけ汁の色、表面は黄土色なのですが、麺を入れたりかき混ぜると、濃い茶色に一瞬変わります、「博多新風」なだけに、ひょっとしてマー油?、とも思いましたが、そうじゃないみたいです、でも、色の変化が面白いです。
(こんな事で面白がるのは私ぐらいかな)

脱線しましたが、ズズズッと啜ると、煮干の香りが結構来て、一瞬、しょっぱいかな、と思いましたが、次の瞬間、煮干の旨みがどどどっと押し寄せてくる感じ、これは凄いですね~。
画像


へぇ~、煮干で、こんなものできるんだ~、ビックリ!、という感じ。
もちろん、煮干だけじゃなくて、他の物も全てミックスされて、この味が出せるんだと思いますが、さすがの人気店、完成度が高い一杯だな~、って感じです。

もちろん、極太麺もグリグリんとして良い食感です、つけ汁も絡みまくって、本当に美味いです。

いったんもめんは、それだけで食べたら、ワンタンの皮?、って感じ。
画像


でも、極太麺と絡めて食べると、こ~れは面白いですね。

グリンとした歯ごたえの極太麺を啜りあげる隙間から、プルンと柔らかいいったんもめんが口の中に飛び込んでくる感じ、何とも楽しい初体験でした(笑)

大きめの海苔は、どうやって食べたらいいんだ?、と戸惑いつつ、訳分かんない内につけ汁にちょっとつけつつ食べちゃいました、どうやって食べたら良いんだろ?

こちらの大きめの角切りチャーシューは、程良い柔らかさと味付けで、美味いです。
画像


この写真見て、今頃気が付きましたが、このつけ汁の丼、豚さんと煮干さんの絵が付いてたんですね、丼まで、芸が細かい!!(笑)

食べ進むうち、これはつけ麺の宿命かも知れませんが、最後の方は、つけ汁がぬるくなってしまうのは、ちょっと残念という感じ。

しかし、本当に300gあるの?、ってぐらい、あっという間に食べちゃいました、大満足!!

もちろん、スープ割りをお願いしました!

程なくしてやってきました、スープ割り!
画像


最初のつけ汁の表面の色より、少し濃いめの色ですね。
添えられたレンゲで掬って飲んでみますが、おっ、これは鰹節系のスープが合わせられているんですかね~、また違った味わいで、これは美味しいですね。
どんどん飲み進みますが、やや味濃いめなので、最後の方はちょっとだけ飽きが来たかな~。

しかし、麺、つけ汁、具、その他諸々、最後まで楽しめた感じでした。

これも、思い立たせて下さったTAKAさんのお陰です、ありがとうございます!

ラースタ2の「凪」は既にオープンしたようですが、こちらの店名は、「ラーメン凪SELECTION」という事で、今のところはラーメンのみの提供のようで、スープ自体も東京の店とは違うようですから、このつけ麺は、東京まで行かなきゃ食べられないようで、やっぱり来て良かった!、となおさら思っちゃいました。
でも、ラースタ2でも提供してくれたら嬉しいんですけどね(^^;

ごちそうさまでした
画像

(すんません、入る前に焦って撮ったので、電柱がかなり写り込んじゃってます(^^; )



☆ 新宿煮干 凪 by.博多新風つけ麺まつり2010 ☆

  【住所】 福岡市南区高宮1丁目4-13 (博多新風)
  【電話番号】 092-524-2426 (博多新風)
  【営業時間】 『博多新風つけ麺まつり2010』期間中の2月25日のみ
          12時スタート・18時スタート、各限定100杯


"ニボニボ、うまっ!、博多新風つけ麺まつり2010@「凪」で、つけ麺!!"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: