博多皿うどんを求めて(134)、ボリュームたっぷり!、南区向野の「丸釘食堂」で、太麺皿うどんとセットのミニ炒飯!!

今回の記事は、水曜日のお昼の事になります。

原チャリで出たついでに、気になっていた博多皿うどんの宿題店へと向かいました。

という事でやってきました、南区向野の「丸釘食堂」へ!!

しかし、この場所は「ラーメン半タカナ」のセットが大好きだった今は無き「豚珍館」があった場所ですね、懐かしいです、店内は全然変わってますが。
その「豚珍館」はその後、すぐ近くに移転して、それから数年後に残念ながら閉店しちゃいましたけど、あの「タカナライス」また食べたかったな~。

すみません、話しが逸れちゃいましたが、店内は、壁沿いの一人掛けのテーブル席が5つ、そして、4人掛けのテーブル席が3つ、店内の広さに比べて席数は抑えてある印象はありますが、その分、通路は広めという感じですね。

その壁に向かった一人掛けのテーブル席に座り、お昼のメニューです!
IMG_3923.JPG

もちろん、お目当てはこちら、「太麺皿うどん」(700円)、そしてなんと100円で付くんなら、って事で、「セットミニ炒飯」(100円)も一緒にお願いしました。
IMG_3917.JPG

メニューを見た瞬間にあれっ?、と思ったんですけど、帰って調べてみると、つい最近までセットミニ炒飯は+200円だったんですよね、消費税も上がろうかというこの時期に嬉しい値下げですね、素晴らしい!!

皿うどん以外でも、「オリジナルキーマカレー丼」(700円)とかも気になってます、再訪確定です。

こちらは夜のメニュー!
IMG_3921.JPG

パッと見ると、あの中華の鉄人・陳建一さんの本が飾ってあってサイン付き!、しかも表には麻婆豆腐の幟があったし、ひょっとして、と思いましたが、帰って調べてみると師弟関係とかそういうのじゃないようです、リスペクトされているという事でしょうね。
IMG_3918.JPG

こちらは卓上セットです。
IMG_3919.JPG

大将が一人でされていて、大変そうだな~、と思いましたが、他のお客さんとの話しを聞いていると、たまたまもう一人のお店の方が急にお休みとの事で、なるほどそういう事かという感じ、いつもと違うのでなおさら大変ですね(^^;

少し待って、「太麺皿うどん」と「ミニ炒飯」がキッチリ同時にやってきました、素晴らしい!
IMG_3924.JPG

こちらが注目の「太麺皿うどん」、なかなか美味そうですね!
IMG_3925.JPG

横からもパチリ、なかなかボリュームありそうですね!
IMG_3927.JPG

そして、セットのミニ炒飯!
IMG_3926.JPG

こちらも横からパチリ!
IMG_3928.JPG

早速、「太麺皿うどん」の麺を引っ張り出して、頂きます!
IMG_3929.JPG

おっ、スープをキッチリ吸って、でも焼き目はほぼ無いのでそこまでの食感は無いですけど、しっかりと鶏ガラスープ等の味が絡んでなかなか美味しいです。

具は、キャベツ、玉ねぎ、モヤシ、ニンジン、豚肉、カマボコにイカゲソ!
IMG_3932.JPG

野菜等もしっかり炒められて甘み等も出てる感じかな、なかなか美味しいです。

こちらはミニ炒飯、頂いてみると、パラパラというよりモッチリ系、塩コショウ系の味付けかな、あっ、これは今は亡き母が作ってくれた焼めしの味に似てますね、それよりちょい味濃いめですけど、懐かしくて美味しいです!
IMG_3931.JPG

しかし、「太麺皿うどん」は野菜等の具もたっぷりで、結構ボリュームがありましたね、ミニ炒飯も頂いたので、かなりの腹いっぱいになりました、これは単品でも十分満足できる量だと思います。

他のメニューもいろいろと楽しみです。

ごちそうさまでした
IMG_3934.JPG



☆ 丸釘食堂 ☆

  【住所】 福岡市南区向野1-4-11
  【電話番号】 092-231-9559
  【営業時間】 (昼)11時30分~14時
         (夜)17時~21時
  【定休日】 日祝日


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ななし
2019年09月21日 00:17
豚珍館なつかしいです!卓上には、醤油?2リットルくらいの容器に冷やされたお茶が懐かしいです!高菜めしのセットは、ラータカセットと言われていましたね。あの高菜めしにマヨがかかったの、美味しかったですね。
かめ
2019年09月24日 10:34
>ななしさん
早速コメント頂き、ありがとうございます、お返事が遅くなってすみません。
豚珍館懐かしいですよね、そうそう、でっかいペットボトル入りのお茶ありましたね、たぶん半分凍らせてあったような。
大将の「ラータカ一丁!」という感じの高めの声が今も耳の中に残っている感じです、食べたいですね~!