久しぶり(ブログでは初めて)の、下呉服町の「元気一杯」で、美味いラーメンを堪能!!

今日というか、日付が変わったので昨日になりましたが、お昼に、久しぶりで、美味い豚骨ラーメンを食べにやってきました!

何となく、豚骨ラーメンモードだったんですよね、せっかくなら美味い所へ行こうと思い、久しぶりで下呉服町の「元気一杯」にやってきました!!

ご存じの方は多いと思いますが、こちらのお店、看板も何も出してません。
基本的に、口コミのお客さんだけで結構、というスタンス、店内に入るといろいろと決まりごともあります。

でも、その辺をきちんと押さえていけば全然大丈夫!、漏れなく、美味い濃厚豚骨ラーメンが食べられます!

看板も何もありませんが、お店を営業しているサインはあります。
こちらのブルーのバケツが、エアコンの室外機の上に乗っていれば、営業している印。
以前は、ピンクのバケツだったんですけどね(^^;
画像


外から、店内も見えないようになっていますので、知らない人は、ここでラーメン屋さんをやっているとは全く気付かない訳で、最初から狙ってこないと来れない店、と言えるでしょうね。

まずは、店内に入る前に、携帯をマナーモードへ、準備完了!(笑)

決まり事と書きましたが、まず最初のポイント、店内では携帯電話の使用は禁止されています、もちろん、メールも含めた一切です。
(2~3席ごとに、携帯使用禁止のプラスチックの表示物が置かれています)

そして、カメラも使用禁止、という事で、残念ながら、店内及びラーメンの写真はありません、その辺は、ご了承のほどを。

あっ、そうそう、当然の事ながら、店内は禁煙です。


1時過ぎでしたが、ちょうど3名ぐらいのお客さんが出てくる所で、店内に入ると残りの先客は1名のみでした。

店内は、カウンター5席に、2人掛けのテーブルが5席、だったと思います。

ネット上では、いろんな事を書かれていますが、店主夫婦は、基本的には明るく気持ちの良い接客をされます。


カウンターに座り、デフォのラーメン(600円)を注文!!
チャーシューメンも気にはなったのですが、850円、替玉までしたら千円かかっちゃうので、我慢我慢(笑)

店内にも書かれていますが、食べ方も決まりがあります。
スープが何より自慢のラーメンという事で、まずはスープからどうぞ!、との事、いきなり麺から啜ったりしていると追い出されちゃいます。

卓上には、辛子高菜が置いてありますが、スープも啜らずに、いきなりラーメンに入れたり食べたりするのもNG、即退場です!


あっ、以前、退場の原因が何だったかわかりませんでしたが、一度だけ、そういう場面に遭遇した事があります。

叩き出すというより、奥さんが、極めて丁重に説明と断りの言葉を述べて、お店から出ていってもらってた感じでした。
お店のやり方に従えなければ、例えどんなに遠方から来られたお客さんでもお断りして帰って頂いている、とも言われてました。


それだけに、店内に何とも言えない緊張感が漂ってます。
携帯は使えないので、ただ待つのみです!(笑)

今日は、他に1名しかいなくて、途中からは一人になっちゃったので、そういう緊張感はあまりなかったかもですね(^^;
(お客さんがいっぱいいると、誰か何かやらかしはしないかな?、って感じの緊張感が漂ってるんですよね)

なんだか怖いお店、と思われるかもしれませんが、その辺の決まりごとをきちんと守っていれば、大丈夫、私も何度も通いましたし。
(今は、電話も非公開になっていますが、開店当初は公開していて、何時ぐらいまで開いているのか?、という感じで質問の電話をした事もありました(^^; )

お店の営業は、その自慢のスープ次第、スープが完成次第開店して、スープが終了次第閉店、納得行くスープが完成しなかった日はお休み、という感じで、徹底しています。

店内に、以前は見なかった、ハンカチティッシュセット(100円)というのが売られているようですね、何なんだろう???



さてさて、ラーメンがやってきました!
奥さんの決まり文句、「ますはスープからどうぞ!」と言われました、もちろんですとも!!
(ここでラーメン食べてからは、これが癖になって、元祖以外では、まずスープから飲むようになっちゃいましたね(^^; )

あっ、以前、時々通ってた時は、顔を覚えられたのか、この決まり文句は言われないようになりましたが、さすがに久しぶりですからね(^^;

さぁ、画像ではお見せできませんが、そのラーメン!
伝えられる範囲で文章でお伝えしてみますね。

ブログ始めてからは、初めてなので、反射的に携帯を出して撮影しないよう、心に言い聞かせつつ箸を取ります(笑)

自慢のスープは白濁していて、微妙に灰色がかってもいるかな、少しだけ泡も立っていて、美味そうです!

豚骨臭はそこまでしない感じですが、ちょっと特徴的な匂いかもしれませんね。

まずは、もちろん、スープから啜ってみます。

うん、一瞬、しょっぱいかな、とも思いましたが、次の瞬間、豚骨なんだけど、きめ細かい旨みが押し寄せてくる感じ、微妙にほのかな甘みも感じられるかな、脂もそこそこ入っている感じ、やっぱり美味いな~!

スープ自体には、それほど粘度は無いのですが、髄のような食感は感じられますね、間違いなく豚骨、美味いですね。

続いては、中細ストレートの麺を啜ってみます。
やや黄色みかがった麺ですが、硬さの指定は特にしませんでしたが、ややカタという感じで、なかなか良い感じの食感。
でも、後半は、ちょっとだけ柔めになっちゃったかな。

具は、チャーシュー2枚にキクラゲの細切りにネギ。

チャーシューは脂身たっぷりでトロッと柔らかい感じ、味付けはスープの邪魔をしない感じ、なかなかです。

キクラゲは、個人的には、要らないかな、って感じ(^^;

ズルズルズルッと久しぶりで、満足しながら一気に啜り終えたので、もちろん、替玉(150円)を注文!!

程なくしてやってきました、あっ、硬さの指定は今度も特にしませんでした。

一緒に、透明の液体のタレも持って来られました。

まずは、スープに馴染ませて一啜り、やっぱり物足りないかな、って事で、タレをちょちょいとかけます。

あっ、一杯目の時には感じられませんでしたが、ちょっとかん水の匂いが感じられますね。

またまた、ズルズルズルっと一気に啜ります。

スープは文句無しなのですが、麺は、もっと違っても良いのかな、という気もしちゃうんですよね~、好みの問題もあるかもしれませんけどね(^^;

でも久しぶりで大満足、スープも全部飲んじゃいました。
丼の底には、予想通り、かなりの量の髄が沈んていました、美味いはずですよね!

いや~、満足、満足!!

そういえば、偶然にも、この方も、この1時間後に訪れて、ちゃんと大人しく食べて帰られたようです、スープは完飲できなかったみたいですけど(笑)

ごちそうさまでした
画像




☆ 元気一杯 ☆

  【住所】 福岡市博多区下呉服町4-31
  【電話番号】 (非公開)
  【営業時間】 (平  日)11時頃~18時頃(但し、あくまでも目安でスープ次第となります)
           (土祭日)11時頃~17時頃(  同  上  )
  【定休日】 日曜日


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • じんぱちょ

    いろんなサイトで話は聞いていたものの、
    未だ一度も行った事がない私。
    今日のかめさんのレポートは、いつもとは
    ちょっと違った、なんだか緊張感というか
    ハラハラした気持ちで拝読しました(なんで?)
    しかし、美味しい様子は伝わりました^^
    ちなみに、私は今日、某総本店で「赤丸」の中
    を食べておりました。
    2010年12月01日 02:11
  • H@RU

    ココ・・・大好きなんです。
    いろいろ言われてますが、スープはココのスープが一番二番っていうくらい好きなんです。
    でも・・・
    麺がちょっと・・・
    金曜この辺に出張なんで、食べたくなちゃいました!(笑)
    2010年12月01日 19:27
  • かめ

    >じんぱちょさん
    毎度コメント頂き、ありがとうございます!!
    あっ、まだ行かれた事なかったんですね。
    緊張感、伝わっちゃいましたか?(笑)
    ぜひぜひ、一度は行かれてみて下さい!!
    あっ、暴走本店、じゃなくて、某総本店、カナカナさんとニアミスはしませんでしたか?(笑)
    (そういえばカナカナさん、ついでで申し訳ないですが、気持玉、ありがとうございます!!)
    2010年12月01日 21:03
  • かめ

    >H@RUさん
    コメント頂き、ありがとうございます。
    スープ美味いですよね、私も大好きです。
    ただ、麺は、スープが偉大すぎて逆に目立つというか(^^;
    金曜日、ぜひ行っちゃって下さい!(笑)
    2010年12月01日 21:06
  • アナログ親父

    私は、噂どおりの光景を目の前で見ることになりました
    あまりの酷いののしり方に、この夫婦の人間性を疑い、それ以来この店に行こうと思ったことはありません
    あの光景を見なければなんともなかったかも知れませんが、あの雰囲気で美味いと感じることが出来るほど、私は神経が図太くないので・・・
    ちなみに、そのときののしられていたのは小学生くらいの子どもで、理由は子どもには味が分からないからとのことでした(>_<)
    2010年12月03日 15:14
  • かめ

    >アナログ親父さん
    コメント頂き、ありがとうございました。
    へぇ、そうだったんですね、しかも相手が子供とは、酷いもんですね。
    まぁ、確かに1度でもそういう現場に居合わせたら行く気は無くなっちゃいますよね。
    私は、今のところは、幸いにも遭遇してない、という事でしょうね、また行くと思いますけどね(^^;
    2010年12月03日 22:07

この記事へのトラックバック